タイ語で「恋人」って何て言う?彼氏・彼女も同じ呼び方になる!?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

タイ語で「恋人」はフェーンと言います。

แฟน
fɛɛn
フェーン

恋人

例文

มีแฟน
mii fɛɛn
ミー フェーン

恋人がいます。

ไม่มีแฟน
mây mii fɛɛn
マイ ミー フェーン

恋人がいません。

มีแฟนไหม
mii fɛɛn máy
ミー フェーン マイ

恋人がいますか?

อยากได้แฟน
yàak dây fɛɛn
ヤーク ダイ フェーン

恋人がほしいです。

日本語では「彼氏」「彼女」、英語では「ボーイフレンド」「ガールフレンド」と男性・女性に分けて呼びますが、タイ語の場合は、男性・女性分けずに言います。

つまりは彼氏もフェーン、彼女もフェーンといいます。

初対面の会話などでも、名前や国籍などの質問に合わせて恋人がいるかどうかの質問もカジュアルにすることが多いです。

なので、上記で紹介した例文フレーズは覚えておいたほうが良いでしょう。

他にも คู่クー「ペア」という単語を使った、คู่รักクーラック「カップル」やคู่ชีวิต クーチーウィット「伴侶」という言い方もありますが、基本的にはフェーンを使います。

目次

結婚しても「恋人」?

日本語の場合は、付き合っている相手を彼氏・彼女と呼び、結婚すれば夫・妻と呼び方が変わります。

タイ語で「夫・旦那さん」ということばはサーミー、「妻・奥さん」ということばはパンラヤーといいます。

สามี
sǎamii
サーミー

夫 / 旦那さん

ภรรยา
phanrayaa
パンラヤー

妻 / 奥さん

ですが、タイ語の場合は、付き合ってるときもフェーン、結婚したあともフェーンと呼ぶことができます。

僕は結婚しているのですが、タイ人の同僚にこんな質問をされたことがありました。

フェーン コーン クン タム アライ
「あなたの恋人(奥さん)は何をしていますか?」

同僚は僕が結婚していることを知っているのですが、妻のことを”パンラヤー”ではなく”フェーン”と呼びました。

このように旦那さんや奥さんのことをフェーンと呼ぶことができます。

もちろん、サーミー・パンラヤーと呼ぶことも可能ですので、明確にしたい場合はこの名称で呼びましょう。

ちなみにサーミーとパンラヤーをくっつけると、サーミーパンラヤー「夫婦」ということばになります。

まとめ

  • タイ語で恋人はフェーンという。
  • 彼氏という場合もフェーン。彼女という場合もフェーン。
  • 会話では夫・妻ということばもフェーンで代用できる。(※タイ語検定ではサーミー、パンラヤーを使ってください。)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる