【タイ語語彙解説】「練習する」ฝึกフック・หัดハット・ซ้อมソームの違いと使い方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

タイ語には意味が似ていることばがたくさんありますが、今回紹介する「練習する」ฝึก fʉ̀k・หัด hàt・ซ้อม sɔ́ɔmも学習者を困惑させることばです。

「練習する」という意味は知っていても、その違いや使い方を理解していない方は多いのではないでしょうか。

例えば、「サッカー選手はサッカーの練習をする。」という場合はどれを使うべきでしょうか?


最も適切な答えはซ้อม sɔ́ɔmです。

今回は3つのことばの違いと正しい使い方についてご紹介します。

目次

猫でもわかる!「練習する」ฝึก・หัด・ซ้อมの違いと使い方

ฝึก・หัด

練習する

ฝึก・หัด・ซ้อมは練習の熟達度別に分けて考えると分かりやすいです。

ฝึกは初心者のような人がまだてきないことをできるようするために訓練する段階です。

タイ語の勉強を始めた人が「タイ語を練習します」という場合はまずはこのฝึกを使って表現します。  

次にหัดです。

หัดฝึกほぼ同じ意味合いで使われることばです。

参考書ではหัดฝึกより少し熟達度が高いと記載されていますが、タイ人に確認したところほとんど違いはなく、どちらでもOKということでした。

ฝึก=หัดと覚えてしまって構わないと思います。

ผมฝึกทำอาหารแต่ทำได้แค่ไข่ดาว
phǒm fʉ̀k tham aahǎan tɛ̀ɛ tham dâay khɛ̂ɛ khày daaw


料理を練習しているが、目玉焼きしか作れない。

ผมหัดขับรถเพื่อจะได้ใบขับขี่
phǒm hàt khàp rót phʉ̂a cà dâay bay khàp khìi


運転免許を取るために運転の練習をする。

ซ้อม

練習する

 ซ้อมはすでに上手な人がさらなる上達を目指してトレーニングすることを意味します。 ですから、プロのスポーツ選手や歌手などであれば、すべてこのซ้อมが当てはまります。

ここで注意したいのが、ซ้อมはスポーツなどの体を動かす練習や音楽の練習のみでしか使えません。

このルールに従うと、「タイ語通訳者がタイ語の練習をする」と表現する場合、ซ้อมは使えません。なぜなら、語学の練習は、体を動かしませんし、音楽の練習でもありません。

この場合は熟達度が高くてもฝึกまたは、หัดを使います。  

นักมวยคนนั้นซ้อมมวยทุกวัน
nák muay khon nán sɔ́ɔm muay thúk wan


あのボクサーは毎日練習している。

ฉันซ้อมแข่งเพื่อให้ได้เหรียญทองโอลิมปิก
chǎn sɔ́ɔm khɛ̀ŋ phʉ̂a hây dâay rǐan thɔɔŋ oolimpìk


オリンピックで金メダルを取るために練習する。

ฝึกหัดとฝึกซ้อมについて

ฝึก・หัด・ซ้อม以外に、ฝึกหัด fʉ̀k hàtฝึกซ้อม fʉ̀k sɔ́ɔmということばがあります。

これも練習するということばで、

  • ฝึกหัด=ฝึก/หัด
  • ฝึกซ้อม=ซ้อม

となります。

ですから、ฝึกの代わりにฝึกหัดを使ったり、ซ้อมの代わりにฝึกซ้อมを使うことができます。

理解度チェックテスト

最後に理解度チェックテストを解いてみてください。

問題

ฝึก・หัด・ซ้อม いずれか適切なものを選びなさい。

ฝึกが当てはまるところはหัดも当てはまります。

1)(  )สักหน่อยจะได้ทำได้มากขึ้นอีกนิด
(  ) sák nɔ̀y cà tham dâay mâak khʉ̂n ìik nít


何日か練習すると、少しできるようになりました。  


2)ต้องดูงานที่ไทย เลย(  )ภาษาไทย
tɔ̂ŋ duu ŋaan thîi thay  ləəy (  ) phaasǎa thay


タイに出張することになったのでタイ語を練習する。  


3)สนามที่ทีมชาติญี่ปุ่น(  ) คือที่ไหน
sanǎam thîi thiim châat yîipùn (  ) khʉʉ thîi nǎy


日本代表チームが練習するグラウンドはどこですか。  


4)(  )ขี่จักรยานให้ได้
(  ) khìi càkkrayaan hây dâay


自転車に乗れるようになるように練習する。  


5)หลังจากเป็นล่าม ยัง(  )ภาษาไทยทุกวัน
lǎŋ càak pen lâam yaŋ (  ) phaasǎa thay thúk wan


通訳になってからも、毎日タイ語の練習をしている。

正解

1)ฝึก・หัด できない状態からできる状態になるのでฝึก・หัดを使います。  

2)ฝึก・หัด  ดูงานは「出張する」という意味です。 タイ出張のために練習するという文面から推測するとこの人はタイ語初心者なのでฝึก・หัดを使います。  

3)ซ้อม 日本代表、つまり、プロで熟達している集団なので、ซ้อมを使います。  

4)ฝึก・หัด 自転車に乗れるように練習するので、ฝึก・หัดを使います。

競輪選手が練習する場合はซ้อมを使います。  

5)ฝึก・หัด 通訳になれるほどタイ語が熟達していますが、ซ้อมはスポーツなどの体を動かす練習や音楽の練習のみでしか使えないので、ฝึก・หัดを使います。    

まとめ

今回はฝึก・หัด・ซ้อมの違いと正しい使い方について紹介してきました。

まとめると、

ฝึก/หัดは初心者のような人がまだできないことをできるようするために訓練する段階。 
ฝึก=หัดと覚えてしまって構わない。 
ฝึกหัดという言い方も可能。

ซ้อมはすでに上手な人がさらなる上達を目指してトレーニングする段階。スポーツなどの体を動かす練習や音楽の練習のみでしか使えない。 
ฝึกซ้อมという言い方も可能。

本記事を参考にして、使い分けられるようになっていただければと思います。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる