【タイ語語彙解説】「~とき」เวลาウェラー・ตอนトーン・เมื่อムアの違いと使い方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

タイ語で「~する時、~した時」は、 

  1. เวลา weelaa ウェラー
  2. ตอน tɔɔn トーン
  3. เมื่อ mʉ̂a ムア

といいます。

日本語ではどれも「~する時、~した時」という訳なので、使い分けが難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、「コーヒーを飲むときは砂糖を入れる」といいたい場合どれを使うべきでしょうか。

この場合はウェラーを使います。

ウェラーは習慣的な行動を表すので、最も適切な答えとなります。

正解することができたでしょうか。

正解できなかった方も本記事を読めば3つの違いと正しい使い方がわかるようになると思います。

目次

猫でもわかる!「~とき」เวลา・ตอน・เมื่อの違いと使い方

เวลา weelaa ウェラー

ウェラーは習慣的、反復的に行うことに対して使います。

ニュアンス的には「~する時間/~した時間」といった感じです。

例えば、コーヒーを飲む、顔を洗う、会社へ行く、勉強するなどに使えます。

ですから、自分の日々の行動の話をするのであれば、基本的にはウェラーを使います。

เวลาซื้อของใช้บัตรเครดิต
weelaa sʉ́ʉ  khɔ̌ɔŋ cháy bàt khreedìt


買い物するときカードで払います。

เวลาเรียนฟังเพลงไปด้วย
weelaa rian faŋ phleeŋ pay dûay


勉強するとき音楽を聴きます。

ตอน tɔɔn トーン

トーンは一般的な「~とき」という表現で今回紹介する中で一番使うことが多いです。

時間的な幅があるとき場合にも使うことができ、その場合は「~する/した頃」「~する/した期間」という意味です。

例えば、子供の頃、日本にいた頃、雨が降っていた頃、新婚の頃などです。

過去の話が中心となりますが、まだ行っていない未来のことにも使えます。

ตอนอยู่ที่ญี่ปุ่น ผมเป็นพนักงานบริษัท
tɔɔn yùu thîi yîipùn phǒm pen phanákŋaan bɔɔrísàt


日本にいたときは会社員でした。

ตอนคนไทยไปหาหมอ ต้องเอาบัตรประชาชนไปด้วย
tɔɔn khon thay pay hǎa mɔ̌ɔ tɔ̂ŋ aw bàt prachaachon pay dûay


タイ人が病院へ行くときは、国民IDカードを持って行かないといけない。

เมื่อ mʉ̂a ムア

ムアは先ほどのトーンとほぼ違いはありません。

唯一の違いは、ムアは形式的な表現また、書き言葉的表現という点です。

「~する際/~した際」というニュアンスが近いです。 フォーマルな表現なので、普段の会話で使うと少し不自然な感じになります。  

เมื่อได้รับอีเมล์แล้วให้ติดต่อกลับมาด้วย
mʉ̂a dây ráp ii meew lɛ́ɛw hây tìt tɔ̀ɔ klàp maa dûay


メールを受け取ったとき(際)は、折り返しご連絡ください。

เมื่อย้ายที่อยู่ต้องแจ้งสำนักงาน
mʉ̂a yáay thîi yùu tɔ̂ŋ cɛ̂ɛŋ sǎmnák ŋaan


住居を変更されるとき(際)は、役所まで届け出てください。

実際の会話での使い分け

ここまで3つの意味の違いと使い方について解説してきましたが、実際の会話ではこれまで紹介した使い方がされていないことが多々あります。

習慣的なことにはウェラーを使うと説明しましたが、トーンやムアでも問題なく使うネイティブもいます。

実のところ使い分けのルールはないに等しく、ウェラーを使うのが好きな人はどんな文にもウェラーを使いますし、トーンを使うのが好きな人はトーンを使います。 その人の好み・スタイルによります。

参考書「タイ語の覚え方・使い方Book〈1〉」から引用

それぞれの単語の意味を解説しましたが、人によって好んで使う語もあり、ここで解説した通りに使い分けられていない文を耳にすることも多いと思います。

同じ人が同じ内容のことを表現するのにตอนを使うこともあり、เมื่อを使ったりすることもあります。 従って、ここでの解説は基本的な単語の知識ととらえてください。

理解度チェックテスト

では、最後に理解度チェックテストを解いてみてください。

問題

( )の中に เวลา・ตอน・เมื่อ 適切なものを入れなさい。

※正解は一つとしますが、เวลา・ตอน・เมื่อどれを当てはめても間違えではありません。

1)(  )ว่าง จะเล่นเกมส์
(  ) wâaŋ cà lên keem


暇なときは、本を読みます。  

2)(  )โตเป็นผู้ใหญ่อยากเป็นอะไร
(  )too pen phûu yày yàak pen aray


大人になったら、何になりたい

3)(  )อาศัยอยู๋ต่างประเทศ ต้องแจ้งสถานทูต
(  )aasǎy yùu tàaŋ prathêet tɔ̂ŋ cɛ̂ɛŋ sathǎanthûut


海外に住む際は、大使館に知らせなければなりません。

正解

1)เวลา 暇なときという、反復的な出来事なので、เวลาが一番ふさわしいです。  

2)ตอน 大人になった時という時間幅を持っているので、ตอนが適切です。 この文のように、未来のことに対しても使うことができます。  

3)เมื่อ 習慣的なことではない+フォーマルな文なので、เมื่อが適切です。

まとめ

今回はเวลา・ตอน・เมื่อの違いの説明と正しい使い方を紹介してきました。

เวลาは習慣的、反復的に行うことに対して使う。
ニュアンスは「~する時間/~した時間」

ตอนは一般的な「~とき」という表現。時間的な幅があるとき場合に使われる。
ニュアンスは「~する頃/~した頃」「~する期間/~した期間」

เมื่อは形式的な表現また、書き言葉的表現。
ニュアンスは「~する際/~した際」

本記事を参考にして、使い分けられるようになっていただければと思います。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる