【タイ語語彙解説】「見る」เห็นヘン・มองモーン・ดูドゥーの違いと使い方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

 タイ語で「見る」という意味のことばは、

  1. เห็น hěn ヘン
  2. มอง mɔɔŋ モーン
  3. ดู duu ドゥー

の三つあります。

どれも同じような意味なので、どれを使えばその文に適切なのかわからない方もいらっしゃるかと思います。

例えば「町で友達を見た」と言う場合は3つのうちどれを使えばよいのでしょうか?


最も適切な答えはเห็น hěn ヘンです。

どうしてそうなるのか?

今回は、この3つの単語の違いと正しい使い方について説明していきます。

まだ使い分けでできていない方も本記事を読めば、正しい使い分けができるようになると思います。

目次

猫でもわかる!「見る」เห็น・มอง・ดูの違いと使い方

เห็น hěn ヘン

見る

ヘンは「自然に視界に入ってきたもの」「見かけた」という意味で使われます。 

เห็นเพื่อน 
hěn phʉ̂an

ヘン プアン

友達を見た 

เห็นขบวนประท้วง
hěn khabuan prathúaŋ

ヘン カブアン プラトゥアン

抗議デモを見た

มอง mɔɔŋ モーン

見る

モーンは「視線を向けて見る」「眺める」の意味で使われます。

ヘンの「自然に視界に入ってくる」のではなく、自分の意志で見ている状態です。

มองข้างนอก
mɔɔŋ khâŋ nɔ̂ɔ
k
モーン カン ノーク

外を見る  

มองภูเขา
mɔɔŋ phuu khǎw

モーン プー カオ

山を見る

また、ヘンとモーンを組み合わせた、

มองเห็น mɔɔŋ hěnモーンヘン

ということばもあります。

これは「眺める行為をして、その結果見える」といった意味になります。

そして、「眺めて、その結果見えない/見えなかった」場合は、

มองไม่เห็น mɔɔŋ mây hěn モーンマイヘン

といいます。

例えばこのような場合に使えます。

  • 距離が遠くて見えなかった
  • 文字が小さくて見えない
  • 天気が悪くて、雲がかって見えない
  • 視力が悪く、眼鏡がないと見えない

ดู duu ドゥー

見る

ドゥーは動いているものをじっと見るときに使います。

よくの例文で、「テレビを見る」という例文が使われますが、正確にはテレビの中の動いているものを見るということです。

ดูโทรทัศน์
duu thooráthát

ドゥートーラタット

テレビを見る  

ดูนาฬิกา
duu naalíka

ドゥー ナーリガー

時計を見る    

ดูสมุด
duu samùt 

ドゥー サムット

ノートを見る  

ノートの中身は動いていませんが、文字やページ、情報が動いていく感覚なので、ドゥーを使います。

理解度チェックテスト

最後に理解度チェックテストを解いてみてください。

問題

( )内にเห็น・มอง・ดู 適切なものを入れなさい。

1)ผม(  )คนสวยที่นั่งที่โน้น
phǒm (  ) khon sǔay thîi nâŋ thîi nóon


僕はあそこに座っている美人を見つめる。  


2)เขามัวแต่(  )มือถือ
khǎw mua tɛ̀ɛ (  ) mʉʉ thʉ̌ʉ


彼はケータイを見てばかりだ。  

3)วันนี้(  )ไม่เห็นพระอาทิตย์
wan níi (  ) mây hěn phrá aathít


今日は太陽は見えない。  

4)คุณ(  )น้องชายของผมหรือเปล่า
khun (  ) nɔ́ɔŋ chaay khɔ̌ɔŋ phǒm rǔu plàaw


僕の弟、見なかった?  

5)ผม(  )ตารางรถไฟ
phǒm (  ) taaraaŋ rót fay


時刻表を見た。

正解

1)มอง 自分の意志で視線を向けて見ているので、มองです。  

2)ดู ケータイの画面=テレビの画面と考えると、情報が動いているので、ดูです。 携帯電話はโทรศัพน์มือถือですが、มือถือと省略することが多いです。  

3)มอง 眺めた結果、見えなかったので、มองไม่เห็นとなります。

4)เห็น 見なかった?=見かけなかった?ということなので、เห็นです。

5)ดู 時刻表も文字や情報が動くイメージなので、ดูを使います。

まとめ

今回はเห็น・มอง・ดูの三つの使い分けについて紹介してきました。

まとめると、

  1. เห็น=「自然に視界に入ってきたもの」
  2. มอง=「視線を向けて見る」
  3. ดู=「動いているものをじっと見る」

「見る」という表現は日常会話の中でもよく使う表現なので、しっかり使い分けできたほうがよいでしょう。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる