【タイ語語彙解説】「すべて」ทั้งタン・ทั่วトゥア・ทุกトゥックの違いと使い方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

タイ語で「すべて」と表す際には

  1. ทั้ง tháŋ タン
  2. ทั่ว thûa トゥア
  3. ทุก thúk トゥック

を使います。

日本語ではどれも「すべて」という訳なので、使い分けが難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、「すべての人に対して持ち物検査を行う」といいたい場合どれを使うべきでしょうか。


正解はทุก です。

すべての人を一人一人チェックするという意味合いの文なので、その意味が含まれるทุกが適切な答えとなります。正解することができたでしょうか。

分からなかった方も本記事を見れば3つの違いと正しい使い方がわかるようになると思います。

目次

猫でもわかる!「すべて」ทั้ง・ทั่ว・ทุกの違いと使い方

ทั้ง tháŋ タン

地球

ทั้งは「丸ごとすべて」という意味で使います。

物事をひとつひとつ見るのではなく、丸ごと一つの塊としたイメージです。

例えば、車検などで車をチェックする場合、1台の車のすべての部分をチェックするという意味です。複数の車、1台1台をチェックすると言いたい場合は、ทั้งではなく、ทุกを使います。また、หมด mòt「尽きる」と組み合わせたทั้งหมด tháŋ mòt ということばもよく使われます。

วันสิ้นปีจะทำความสะอาดทั้งบ้าน
wan sîn pii cà tham khwaam sà àat tháŋ bâan


大晦日、家中をきれいにする。

ซื้อสินค้าของร้านทั้งหมด
sʉ́ʉ sǐn kháa khɔ̌ɔŋ ráan tháŋ mòt


店の商品全部を買いました。

ทั่ว thûa トゥア

日本中

ทั่วは「至る所すべてに」という意味で使われます。

蜘蛛の巣のように、一つの場所から広がって、全体を覆いつくイメージです。

บริษัทนั้นมีสาขาทั่วโลก
bɔɔrísàt nán mii sǎakhǎa thûa lôok


あの会社は世界中(至るところ)に支店がある。

ภาวะโลกร้อนทั่วโลก
phaawá lôok rɔ́ɔn thûa lôok


世界中で地球温暖化が進んでいる。

ทุก thúk トゥック

調べる

ทุกは「全種類」という意味を持ちます。ทุกคน「全員」という意味は一人、一人、この人も、あの人も、最終的に全員という意味で使われます。

冒頭の「すべての人に対して持ち物検査を行う」という文であれば、「一人一人検査していって、最終的に全員チェックする/した。」というニュアンスになります。

ทุกทุก+名詞の形よりも、ทุก+類別詞の形で使われることが多いです。

  • ทุกคน thúk khon「全員」
  • ทุกอย่าง thúk yàaŋ「全種類」
  • ทุกเล่ม thúk lêm「全冊」

กินมาม่าไทยได้ทุกชนิด
kin maa mâa thay dâay thúk chanít


タイのカップ麺を全種類食べた。

  ทุกには、「毎~」「~ごと」という意味もあります。

「毎~」

  • ทุกวัน thúk wan「毎日」
  • ทุกคืน thúk khʉʉn「毎晩」
  • ทุกครั้ง thúk khráŋ 「毎回」

「~ごと」

  • ทุก10นาที thúk sìp naathii  「10分ごと」
  • ทุกชั่วโมง thúk chûamooŋ「1時間ごと」
  • ทุก3วัน thúk sǎam wan「3日ごと」

理解度チェックテスト

最後に理解度チェックテストを解いてみてください。

問題

 ทั้ง・ทั่ว・ทุก 適切なものを選びなさい。

1)อินเตอร์เน็ตแพร่หลาย(  )ประเทศ
inthəənét phrɛ̂ɛ lǎay (  ) prathêet


インターネットは世界中に広がった。  

2)(  )วันเสาร์ไปตีกอล์ฟ
(   ) wan sǎw pay tii kɔ́ɔf 


毎週土曜日ゴルフに行きます。

3)รถยนต์ที่เขามีแพง(  )คัน
rót yon thîi khǎw mii phɛɛŋ (  ) khan


彼の持っている車はすべて高価だ。

4)เรื่องนั้น(  )คนรู้จักกันแล้ว
rʉ̂aŋ nán (  ) khon rúucàk  kan lɛ́ɛw


そのことはみんな知っている。

ซื้อ(  )หมด
sʉ́ʉ (  ) mòt


全部買います。

正解

1)ทั่ว インターネットが至るところに広がっていくイメージなのでทั่วを使います。  

2)ทุก ทุกは「毎~」という使い方もします。 

3)ทุก 車1台1台が高いということなので、ทุกを使います。

4)ทุก 全員一人一人が知っているということなので、ทุกを使います。คันは車の類別詞です。

5)ทั้ง หมดと組みあわせて、ทั้งหมดとして使います。  

まとめ

今回はทั้ง・ทั่ว・ทุกの違いの説明と正しい使い方を紹介してきました。  

まとめると、

  1. ทั้ง=「丸ごとすべて」丸ごと一つの塊としたイメージ。
  2. ทั่ว=「至る所すべてに」一つの場所から広がって、全体を覆いつくイメージ。
  3. ทุก=「全種類」あれも、これも、最終的に全部というイメージ。

本記事を参考にして、使い分けられるようになっていただければと思います。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる