【タイ語語彙解説】「借りる」ยืมユームเช่าチャオ・กู้グーの違いと使い方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

タイ語で「借りる」と表す際には、

  1. ยืม yʉʉm ユーム
  2. เช่า châw チャオ
  3. กู้ kûu グー

を使います。

日本語ではどれも「借りる」という訳なので、使い分けが難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、「銀行からお金を借ります。」といいたい場合どれを使うべきでしょうか。


正解はกู้を使います。

分からなかった方も本記事を見れば3つのことば違いと正しい使い方がわかるようになると思います。ぜひ最後までお読みください。

目次

猫でもわかる!「借りる」เช่า・ยืม・กู้の違いと使い方

ยืม yʉʉm ユーム

貸す

ยืมお金を払わず借りるときに使います。

例えば、友達にお金やものを借りる際はこのยืมを使います。借りる期間に制限はなく、1日でも1年後に返してもยืมを使います。

ยืมเกมส์จากเพื่อน
yʉʉm keem càak phʉ̂an 


友達にゲームを借りました。

ยืมร่มได้ไหม 
yʉʉm rôm dâay máy


かさを借りてもいいですか。

เช่า châw チャオ

レンタルDVD

เช่าお金を払って借りる・レンタルするという意味で、家、部屋、土地、車、自転車、CD、DVDなどをレンタルするときに使います。

เช่าห้อง
châw hɔ̂ŋ 


部屋を借りる。

เช่าที่ดิน 
châw thîi din


土地を借りる。

เช่าで「お金を借りる」という表現はできません。その場合はยืมまたはกู้を使います

กู้ kûu グー

銀行

กู้金利を払って借りるという意味で使います。

基本的には銀行から借りるという文が多いですが、個人や金融会社から金利付きで借りる場合もกู้を使います。

ผมกู้เงินจากธนาคารเพื่อสร้างร้าน
phǒm kûu ŋən càak thanaakhaan phʉ̂a sâaŋ ráan 


店を開くために銀行からお金を借りました。

ผมกู้เงินจากบริษัท2แห่ง
phǒm kûu ŋən càak bɔɔrísàt sɔ̌ɔŋ hɛ̂ɛŋ


2社からお金を借りている。

「貸す」という表現について

「借りる」ではなく「貸す」といいたい場合は先ほど紹介した単語の前にให้ hâyを付けます。

  • お金は受け取らずに貸す⇒ให้ยืม
  • レンタル料を受け取って貸す⇒ให้เช่า
  • 金利を付けて貸す⇒ให้กู้

ให้は使役表現「~させる」という表現なので、ให้เช่าを直訳すると「借りさせる」となります。少しわかりくいと感じるかもしれませんが、難しく考えず、一つの単語として覚えてしまったほうがよいでしょう。

理解度チェックテスト

最後に理解度チェックテストを解いてみてください。

問題

( )の中にเช่า・ยืม・กู้ 適切なものを入れなさい。

1)ผม(   )หนังสือที่ห้องสมุด
phǒm (  ) nǎŋsʉ̌ʉ thîi hɔ̂ŋsamùt


図書館で本を借りた。

2)(   )เรือ
  (  ) rʉa


船をチャーターする。

3)ผม(   )จักรยาน2ชั่วโมง
phǒm (  ) càkkrayaan sɔ̌ɔŋ chûamooŋ


レンタサイクルを2時間借りた。

4)เขาชอบ(   )เงินจากเพื่อน 
khǎw chɔ̂ɔp (  ) ŋən càak phʉ̂an 


彼は友達によくお金を借りる。

5)ผม(   )เงินจากธนาคาร 
phǒm (  ) ŋən càak thanaakhaan


銀行から融資してもらう。

正解

1)ยืม 図書館で本を借りる場合は無料なので、ยืมを使います。

2)เช่า「チャーターする」は一般的にお金を払って借りるのでเช่าを使います。

3)เช่า こちらもお金を払って借りるのでเช่าを使います。

4)ยืม 基本的に友達とのお金の貸し借りには金利は発生しないので、ยืมを使います。

5)กู้  銀行からお金を貸してもらうので、กู้を使います。「銀行ときたら、กู้を使う」と覚えておきましょう。

まとめ 

今回はเช่า・ยืม・กู้ の違いの説明と正しい使い方を紹介してきました。

まとめると、

  1. ยืม友達などからお金を払わず借りる
  2. เช่าお店などからお金を払って借りる
  3. กู้=銀行などから金利・利子を払って借りる

本記事を参考にして、使い分けられるようになっていただければと思います。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。  

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる